コロナ後遺症専門施術について

新型コロナ感染症の拡大とともに、回復後も様々な症状(コロナ後遺症)にお悩みの方が増えております。また医療機関に受診するも明確な原因が特定できず、対症療法を行うのみで思う様に改善しないケースも多くなっております。

そこで当院では身体全体を整え血の巡りを良くし、

あなたのお体に合わせたコロナ後遺症の専門施術を行っております。

 

対象者

コロナ感染後から2週間以上経過(現在感染していない)おらず、コロナ後遺症の疑いがある方

施術内容

当院ではコロナ後遺症にお悩みの方に、身体全体を整え血の巡りを良くすると同時に、

水素吸引・磁気施術を併用して、あなたに合わせた施術でお身体の不調を取り除いていきます。

 

ご予約時に「コロナ後遺症の施術を希望」とお伝えください。

☎ 03-5600-0235

またメール相談も行っておりますので、お気楽にご相談ください。

メールアドレス dogmylife0924@yahoo.co.jp

 

水素吸入について

水素の効果

活性酸素とは?

空気中の酸素によって金属が酸化して錆びるように、人の体も活性酸素による酸化によって老化が促進し、脳卒中、心筋梗塞、癌などの病気になります。成人は、1日当たり430リットルほどの酸素を消費していますが、そのうちの約2%は、体内で、反応性の高い活性酸素に変化しています。

水素の作用と安全性

活性酸素には、殺菌作用や生体維持にとって重要な働きをする「善玉」と、生体組織や遺伝子を傷害し、老化や病気の原因になる「悪玉」があります。 水素は、最も強力な酸化力をもつ「悪玉」活性酸素を無毒化します。「善玉」活性酸素には反応しないため、副作用はありません。水素は腸内細菌からも生理的に産生されており、しかも「悪玉」活性酸素と結合すると、水に変化するため極めて安全です。

水素の有効性

既に慶應義塾大学病院では、水素ガス吸入療法として治療に用いられています。他の施設でも、脳梗塞、関節リウマチ、慢性閉塞性肺疾患への効果や、抗ガン剤の副作用軽減に対する臨床試験がなされ、有効性が示されています。また、サッカー選手に水素を投与すると、運動による乳酸の産生が抑えられ、運動能力が向上したことも報告されています。現在では糖尿病、脂質異常症、肩凝り、頭痛、腰痛、気管支炎、咳喘息などに有効と考えられます。

 

磁気施術

ブレインフォグ

ブレインフォグの原因とされているものは複数あり、脳疲労不安ストレス不規則な生活生理更年期などが該当します。

脳疲労

現代社会はスマートフォンやインターネットなどを通して常に大量の情報を取り入れ、それを処理しています。こうした状況が続くと、情報処理が追いつかなくなって目の前のことに集中できなくなっていきます。この状態を脳疲労と呼びます。

不安やストレス

職場や家庭で様々な不安やストレスに晒されていると、集中すべきことが目の前にあっても気を取られてしまうようになります。ネガティブなことや考えてもどうしようもないことをあれこれと考え続けてしまう状態をぐるぐる思考(反芻思考)と呼びますが、こういった症状はうつ病や不安障害などの原因にもなります。

不規則な生活

睡眠不足や栄養不足など、不規則な生活を続けることによっても心身のストレスは溜まっていきます。一時的な睡眠不足や栄養不足であれば回復しますが、慢性的に不規則な状態が続くとブレインフォグの原因にもなるうえ、うつ病や睡眠障害などの本格的な精神疾患になることがあります。

生理

女性の場合は生理が原因でブレインフォグの症状が出ることがあります。生理の症状が重いPMS(月経前症候群)PMDD(月経前不快気分障害)の場合はイライラやうつっぽさと並行して症状が見られることもあるため、症状が重たく感じることもあるかもしれません。

更年期

更年期は女性ホルモンの減少による自律神経の乱れから様々な症状が出るものですが、疲れやだるさ、頭痛などを指してブレインフォグと呼ぶことがあります。

ウイルス感染

コロナウイルス感染後に後遺症としてブレインフォグの症状を訴える人が多いですが、この原因はウイルス感染後に脳が炎症を起こしている可能性があると言われています。

これについてはまだ研究段階であり、明確な原因は分かっていません。

脳疲労の施術

脳疲労の施術においては、磁気治療が有効であるとのデータが出ています。

当院でも整体と磁気施術器を併用した施術を行っています。